インプラント治療の費用、価格、治療実績にご不安なら、有心会インプラントセンター

メールでのご相談
メールでのご予約
ホーム > 有心会の特徴

有心会の特徴

各分野のスペシャリストが患者さまのニーズにお応えします

有心会では、従来1ヶ所の歯科医院のドクターだけでは対応しきれなかった各分野(インプラント、矯正歯科、審美歯科、デンタルコスメ)のスペシャリストが在籍しています。

患者さまの治療とスタッフの技術向上を目的に、定期的に全国のグループ院を巡回してスタッフの技術アップを図っており、どちらの医院でも患者さまの治療ニーズにお応えできるよう努めています。

2014年度 総会より
  • 木村 正信
  • 島田 健一郎
有心会ドクターからのメッセージ


最新医療機器の積極的な導入

全医院が歯科用CTスキャンを導入している他、インプラントの骨造成手術に使用する超音波切削器具ピエゾサージェリー、歯周病治療等に使うNVレーザー、アメリカNo.1シェアのホワイトニングシステム等、最新機器を積極的に導入しており、通常は苦手とされた治療に対して取り組んでおります。

歯科用CTスキャン

歯科用CTスキャン従来のパノラマレントゲンと違い、CTでは立体的な解析が出来る為、施術の幅が広がります。

特にインプラントにおいては治療計画が立てやすく、手術失敗のリスクが大幅に軽減でき、必須の機器となっています。

ピエゾサージェリー

ピエゾサージェリーインプラントの骨造成手術「サイナスリフト」等に使う超音波切削器具です。

従来なら歯肉を大きく切開したり骨を砕く必要のあった手術が、歯石を取るような感覚で切削でき、患者さまの身体的負担がぐっと減りました。

ダイオードレーザー [DISCUS]

ダイオードレーザーレーザーを使った歯周病治療「LAPT」に使うNVマイクロレーザーです。

他にインプラント治療、歯肉切除、知覚過敏等にも効果を発揮し、今まで苦手とされた治療に対して取り組めます。


他にも最新歯科医療機器を積極的に導入し、通常は難しいとされた様々な診療に取り組んでおります。



神戸と東京に専用ラボの設置

専用ラボ当院が自費診療のコストを抑え、補綴物を迅速に用意できるのは、神戸と東京に専用の技工所があるからです。
有心会グループ 技工センターHP

東西の院内技工士が患者さま一人一人のお口の状態を考え、精密な技工物を製作しております。

日本唯一!ジルコニア技工設備CAD/CAMを 院内に2台導入!

インプラントや自然歯の補綴に、当院ではジルコニアを積極的に使用しています。

ジルコニア技工設備CAD/CAMなぜこれほどまでに低価格で、歯科最高素材と呼ばれる程のジルコニアを提供できるかというと、通常の歯科医院ではまず導入が難しい高価な技工設備CAD/CAMを東西で2台も導入しているからです。

ノーベルバイオケア製スキャナー「ジェニオン2」導入!

ノーベルバイオケア製スキャナー「ジェニオン2」ジェニオン2は、ノーベルバイオケア純正のアバットメント(インプラントの接続部)を制作する為のスキャナーで、アクセスホール(ネジ止め部分)の角度が25%まで傾斜可能となるので、従来のように骨の厚みに合わせた結果「出っ歯」になってしまうような事がなく、被せ物を審美的にセットする事が可能になります。

このような高価な技工設備を導入出来るのも、全国に医院を展開する『有心会』というスケールメリットがあるからです。



安全への取り組み

院内感染防止対策について

一部新聞などで、歯科医院での滅菌が不十分との報道がありました関係で、患者さまから衛生面のご質問をよく受けます。

ディスポ(使い捨て)交換当院のインプラント埋入オペでは使用するインプラントは必ず直前に開封した物だけを使い、インプラントに使用する備品はすべてディスポ(使い捨て)交換です。
他院ではまだまだ使いまわしされている二次オペ用のインプラントキャップ(フラットキャップ等)も当然ディスポ交換しております。

さらにオペ器具等はオートクレーブ(高温高圧蒸気滅菌)にて完全滅菌しております。

ジルコニア技工設備CAD/CAM

有心会のオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)
オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)とは、圧力鍋の要領で、内部を高圧の蒸気で高温にすることにより、様々な器具を一括で滅菌(病原体・非病原体を問わずすべての微生物を死滅、または除去すること)を行う事が可能です。

※写真:名古屋院:DENTCLAVE 500M

ディスポ(使い捨て)交換また、肝炎の感染防止の為に、触れる部分すべてにサーフィスバリア等の保護シートを徹底しており、感染対策にも怠りはありません。

オペ以外の施術に関しても、患者様のお口の中に直接触れる可能性のある治療器具は患者様ごとに交換しています。
そして治療が終わったら洗浄のうえオートクレーブ(高温高圧蒸気滅菌)を使って高圧滅菌し、滅菌後は滅菌パック(使い捨て)に入れて無菌状態で治療直前まで保管します。

また、紙コップやエプロン、スタッフが着用する手袋など使い捨てにできるものは使い捨てにし、こちらも患者様ごとに新しいものをお出ししています。

有心会では患者様に安全な治療を提供できるよう積極的に院内感染防止対策を行っています。

有心会では下記の通りに滅菌・消毒を行っております
・消毒のスポルディング分類
◎機材分類クリティカル:通常滅菌の組織や血管に挿入されるもの
処置:滅菌器での滅菌
※タービン・ストレート・コントラ類も1患者様ごとに滅菌を行っています。

◎機材分類セミクリティカル:損傷のない粘膜及び創のある皮膚に接触するもの
処置:高水準消毒液・中水準消毒液で消毒しています。

◎機材分類ノンクリティカル:損傷のない皮膚と接触するもの
処置:洗浄または低水準消毒(アルコール等)で消毒しています。
院内感染の一番の原因は気の緩みや習慣から
院内感染対策上記のように有心会では、滅菌や消毒の徹底を行っておりますが、院内感染は防止のために一番大切なのは、スタッフの習慣や、ふとした気の緩みで、院内感染が起こってしまう確率が高くなります。医療人として、そのような事の無いよう、各種マニュアルやチーフスタッフによる巡回により、現場指導を行っております。

有心会感染対策マニュアル[PDF]
インプラント無料相談センター カウンセリング時のCT無料!
  • メールでのご相談はコチラ
  • メールでのご予約はコチラ